モットン

モットンとマニフレックス腰痛に良いのはどっち?

モットンとマニフレックス、同じ高反発マットレスなのにどこが違うのか、どちらがどんな悩みを持つ方に向いているのかをご説明します。

 

モットンがマニフレックスより優れているところって?

まずモットンは、腰痛を改善したい人向けに作られた腰痛対策マットレスなのです。

 

腰痛を軽減させるのに必要なのは寝返りを打つこと。人間の身体は、寝てる間に適度な寝返りを打つことで筋肉を休めています。成人は、一晩で約20回?30回の寝返りを打つと言われています。

 

しかし、これはあくまでも平均。寝返りがこの回数に達しない方が腰痛に悩まされていると言えます。

 

ではどうすれば自然な寝返りを適度な回数打てるようになるのか。それはマットレスの適度な硬さと反発力にあります。

 

マットレスが硬すぎても、胸や腰に負担がかかり寝返りを打つことができず、柔らか過ぎても身体が沈んで自然な寝返りを打てません。

 

そこで作られたのが当サイトで徹底的に解説をしているモットンなのです。

 

長い時間をかけ研究し、硬すぎず柔らか過ぎず、丁度いい反発力を実現することで自然な寝返りを打てるマットレスを作り上げたのです。
その他にも、マットレスの厚みや体圧分散にこだわり、モットンは腰痛に効果をもたらすように作られています。

 

マニフレックスがモットンより優れているところって?

 

一方マニフレックスはら健康や美容を気にする方に向けて作られたマットレスです
マニフレックスの公式サイトでは以下のように説明されています。

 

「マニフレックス」は独創的な製品であり、人の健康を常に追求しています。
一方で、自然界と人間の関係をしっかりと尊敬の念持って研究し続けています。

 

「マニフレックス」は50年以上の歴史を有する会社であります。
その間、環境に対する責任を果たすことを使命とし経営を続けております。
当社は持てる資力を品質と卓越性の研究に重点を置きながら、様々な種類のヨーロッパ認定機関から栄誉ある認定を得てきました。

 

こうした目的を基本に置き、当社の経営陣、テクニカルの専門家、研究員、及び780名を超す従業員の直接管理による運営を行います。
リサーチ、生産、パッケージングの一連のサイクルを一元化して、日産10,000本、年間4,000,000本のマットレスを生産しています。
「マニフレックス」のマットレスは様々な異なるニーズや文化的にも異なる要望を満たしており、これらすべてが休養、健康、そして休息睡眠の質を高めることにつながっているのです。
引用参考:マニフレックス公式サイト

 

人間の身体は、快適で深い眠りにつくことで、心と身体にリラックスを促し健康や美容に働きかけています。深い眠りにつくのに必要なのはなにか、それは寝る時の姿勢です。寝姿勢が悪いと眠りが浅くなり、身体の疲れも取れなくなるのです。

 

身体は疲れているのに何度も夜中目を覚ましてしまう…なんて方はきっと寝姿勢が悪いからなのです。ではどうすれば快適な眠りにつくことが出来るのでしょうか?
それは寝姿勢を綺麗に保つこと。

 

理想の寝姿勢は、立っている時の首のカーブと、背骨の自然なカーブを描くこととされています。この2つのカーブを仰向けでもキープすることで、快適な眠りにつくことが出来るのです。

 

その為マニフレックスは、理想的な弾力特性と復元性を持つ”エリオセル”というポリウレタンフォームを使い、理想の寝姿勢を保てるマットレスを作り上げたのです。
マニフレックスは使用することで理想の寝姿勢を保ち、快適な眠りにつくことが出来る為、健康にいいマットレスと言われているのです。

 

モットンとマニフレックスの比較まとめ

モットンとマニフレックスの2つを比べてみると、どちらも性能がよく素晴らしいマットレスですね。健康に気を使いたい方には寝姿勢を綺麗に保てるマニフレックスを、腰痛に悩まされている方には寝返りを自然に打てるモットンをオススメします。