モットンマットレスの使い方〜現役一流整体師が伝授!腰痛を治す寝方

モットンの使い方やお手入れの仕方を解説

モットンのマットレスは、使い方とお手入れ次第で『15年も使い続ける事が出来る耐久性に優れたマットレス』です。

 

腰痛改善効果が優れている事が、モットンを選ぶ1番の大きなポイントである事は間違いありません。

 

ですが、いくら腰痛改善に優れているマットレスであっても、すぐにへたってしまったり。短期間のうちに使えなくなってしまったら意味がありませんよね。

 

しかし、モットンのマットレスは正しいお手入れさえすれば、長い間使い続けられます。

 

また、しっかりとお手入れをして、正しい寝方をする事で腰痛改善効果を継続して実感する事が可能になります。

 

今回は、モットンの正しい使い方とお手入れの方法。購入前に知っておきたい、腰痛効果をあげる寝方について説明します。

 

すでに正しいお手入れ方法や寝方を知っていて、すぐにモットンを試ししたい方は、公式サイトが2万円引きキャンペーンを行っているので、1番安く購入する事が出来ます。

 

また、モットンの口コミや評判など、モットンのマットレスについて総合的に知りたい方はこちらの記事でまとめてありますので参考にしてみてください。

 

モットンの使い方はシンプルで使いやすい!

腰痛効果を実感させる正しい寝方はずばり、『下に柔らかいマットレスの上にモットンを敷かずに、そのまま使うか固いマットレスの上に敷いて使う』です。

 

モットンのマットレスは、通常の健康対策マットレスの約倍である8cmも厚さがあります。

 

その為、敷布団が無くても直接床や畳に敷いても違和感なく寝る事ができます。

 

また、そのままベットフレームに敷いて使用する事もできるので、住まいの状況に応じて使い分ける事が可能です。

 

しかし、ここで注意しておかなければならない事があります。

 

硬いベットマットレスであれば、モットンを上に敷いても腰痛改善効果を落とす事なく、2枚重ねで使うことが出来ます。

 

ですが、柔らかいベットマットレスの場合は、モットンをその上に敷いてしまうと、体が沈み込む恐れがあります。

 

そうなると、腰痛改善効果を落としてしまう事になりかねません。

 

ですので、その場合はモットンのマットレス1枚だけで使うようにしましょう。

 

どんなに高機能なマットレスでも、マットレスの厚みが薄ければ寝ている時に違和感が出てしまうものです。

 

しかしモットンは8cmもの厚みがあるので、そのまま寝てもふんわり押し上げられ、新感覚の寝心地を実感できるのです。

 

モットンは品質も良いのでお手入れが簡単!

腰痛効果だけでなく、モットンはとっても品質の高いマットレス。

 

通気性もいいので、夏場でも湿気を気にせず使用出来ます。

 

更には、モットンはウレタンフォームを使用しているので、ダニやノミを寄せ付けず、とっても衛生的です。

 

しかし、いくら高性能でもお手入れは必要不可欠です。

 

通気性がよく表面はサラサラでも、マットレスを使い続けると底面には、多少の湿気は溜まってしまいます。

 

また、カビが発生したり、マットレスがへたったり凹んで、戻りにくくなってしまう可能性もあります。

 

その為、週に1度は直射日光の当たらない風通しの良い場所で、底面に溜まった湿気を乾燥させる事をしてください。

 

更に、2週間に1度程度のペースで、マットレスの表裏をひっくり返して使うのもマットレスを長持ちさせる一つの方法です。

 

片面だけでなく両面を均等に使うことで、モットンをより長もちさせることができます。

 

ここで、モットンのお手入れをする時の注意点を紹介しておきます。

 

モットン本体は水洗いが出来ないので、汚れた場合は水を浸した布などで優しく拭いて下さい。

 

カバーは自宅で洗濯できるので、こまめに洗うようにしましょう。

 

天日干しを長時間してしまうと、マットレスが痛む原因になるので、長い間干す場合は、直射日光の当たらない場所で乾燥させましょう。

 

耐久性に優れているモットンを、10年、15年とより長く清潔に、高機能のまま使えるよう、使用する際にはしっかりと手入れをしていきたいですね。

 

モットンマットレスの口コミや評判などは当サイトでも解説しているので参考にしてみてください。

 

また、今すぐにモットンのマットレスを購入したい!という方は公式サイトがキャンペーンで2万円引きで買えるので1番安いです。

 

モットンのマットレスを最安値で買う⇒
yamamotomasa-mattress