モットン

腰痛ベルトを使ってモットンの腰痛効果をあげる方法

モットンだけでも腰痛は十分に改善出来ますがモットンと合わせて使うことで
腰の痛みに更に効果があるようつベルトについても触れておきたいと思います。

 

モットンの効果を倍増させる!腰痛ベルトの効果とは

 

座骨神経痛から来る腰痛やお尻・足の痛みや痺れを軽減させる為に、
腰痛ベルトを着用することがあると思います。

 

しかし、同じ坐骨神経痛と呼ばれる括りの中でも、その原因によって用いる腰痛ベルトのタイプが異なることまでは、なかなか知られていないのが実情です。

 

腰痛ベルトを扱っているスポーツ店やドラッグストアなどへ行き、「これは確りしていて安心そうだ」というイメージで購入し着用されても、思わぬ逆効果ということもあるので、十分注意が必要です。

 

坐骨神経痛の原因の大半が、椎間板ヘルニアであると考えられています。椎間板ヘルニアには、良く見かける上下に幅が広く確りと腰をまっすぐに支えてくれるタイプの腰痛ベルトを選択されることで良いと思います。椎間板ヘルニアの場合、前方へ屈めることで腰に痛みが生じるので、出来るだけまっすぐに支えるサポートをしてくれる腰痛ベルトが望ましからです。
モットンの腰痛効果が更にあがるので参考にしてみてください。

 

それとは対照的なのが、脊柱狭窄症からくる坐骨神経痛の場合です。こちらは、腰を反らすことで脊柱内を通る神経が圧迫・刺激される為、腰をまっすぐに支えてくれるタイプは逆に痛みを助長してしまいかねません。選びたいタイプは、上下の幅が狭い物で、前方へ屈み易い物となります。お尻の辺りまで痛みや痺れがある場合には、下側になるお尻までしっかりサポートしてくれるタイプの物が良いと思います。

 

同じ腰痛・坐骨神経痛でも、痛みや痺れの原因となる症状で、選びたい腰痛ベルトのタイプが異なることを理解しておいた方が良いと思います。

 

いかがでしょうか?腰痛ベルトはモットンと一緒に利用する事で効果を更に実感する事ができます。
モットンをお使いの方はぜひ参考にしてみてください!